癒しのA&Aは、福岡にて占い・チャネリング・ヒーリング・心理療法・心身の不調や霊的不調の悩み相談を行っています。

うつ・不安・緊張・パニック・心身の不調・恋愛・仕事・人間関係でお悩みなら「癒しのA&A」へご相談ください

ホリスティックヒーリング専門・ホリスティック発祥の地サンフランシスコ州立大学との10年にわたる共同研究の実績
福岡からの悩み電話相談
占い・悩み相談に来られる際のアクセスマップ
福岡で開催の交流会など新着情報はこちら

胎内心理療法とは? その1


胎内記憶は妄想の産物?

 

352fe70d87a0939fa2e1e4e7cbf5df52_s

 

 

 

 

 

 

 

一昔前は、「胎内記憶」という言葉は

スピリチュアルな世界に傾倒している人たちが

好んで使っていた言葉でしかありませんでした。

 

 

なぜならば、胎児の時というのは、

脳が十分に発達していないので、

記憶自体があるのかどうか解らない。

ましてや脳や身体が十分に発達していない胎児の頃は、

意思や記憶が十分に機能していないというのが

大多数の医療従事者や学者たちの見解だったのです。

 

 

ですから、アカデミックでもない

怪しげなスピリチュアル業界の人たちがいうことなど、

怪しすぎるだけの妄想であり、

単なる戯言に過ぎないと見なされていたからです。

 

 

ところが近年になって、

医療最先端技術を駆使して解明されたことは、

実は片言だけしか話せない、あるいは幼児言葉しか話さない

2歳~5歳までの3人に1人の子供が、お腹の中、

つまり母親の子宮の中にいた時の記憶を持っているということです。

そしてさらに、胎児にも記憶があるという事が近年だんだんと解ってきたのです。

 

 

では、胎児が記憶を持つということが、

私たちの人生にとって、いったい何の役に立つのでしょう?

 

 

先ほどにも述べましたが、

かつては「胎内記憶」などという人は、

頭のおかしい輩か、あるいは

霊の世界に被れた人だと笑い飛ばされたのは、

脳や身体の機能が、母体から出て正常に働く状態になるまでの間、

胎児がいるのが子宮であり、胎内なのだから、

発達段階にいる胎児の脳が記憶を残す機能があるはずはない!

という、非常に説得力のある理由があったからです。

 

 

<参考書籍>

『胎内記憶』池川明著

tainaikioku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『潜在心理学論』川上光正著

%e6%bd%9c%e5%9c%a8%e5%bf%83%e7%90%86%e5%ad%a6%e8%ab%96

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著書紹介

営業時間のご案内

10時〜12時、14時〜20時
10時〜12時、14時〜18時
10時〜12時、14時〜17時

福岡市中央区大名
2-4-5
サンリベラ天神大名1F

地図を確認する地図を確認する

心理カウンセラー養成
スタッフ紹介
フロア紹介
  • KAWAKAMIスローヨガスタジオ/ヨガ瞑想センター
  • 川上光正Blog スピリチュアルメッセージ
  • 日本を代表するヨガ・瞑想の世界的権威 川上光正公式サイト

pagetop